カーリースはやばい?リースで失敗しないためにどうすればよい?

カーリースは便利でお得なサービスですが、ときどき、「カーリースはやばい」という口コミを目にすることがあります。カーリースが「やばい」と言われるのはなぜでしょうか。カーリースでの失敗を防ぐ方法も併せて見ていきましょう。

カーリースはやばい?まずはカーリースのしくみを知ろう

カーリースはやばいと決めつける前にしくみを知ろう

カーリースのしくみ

カーリースとは、月々定額で車を借りるサービスです。カーリースの特徴の一つが、「残価」が設定されていること。残価とは、残存価格の略称で、契約満了時の車の価値のことを意味します。 例えば、車両本体価格が300万円の車を5年間リースする場合について考えてみましょう。仮に、この車の契約満了時(5年後)の価値を100万円と想定すると、5年間で200万円分車を使用するという計算になります。この金額に、車の登録にかかる費用や税金などの諸費用を合計し、その総額を契約期間の支払い回数で分割したものがカーリースの月々の料金となります。

一般的に、マイカーを購入する場合は、車両本体価格の全額を支払わなくてはなりませんが、カーリースなら、車両本体価格から残価が差し引かれるのでお得。自分が使う分だけ車の費用を支払うカーリースは、「やばい」どころか、むしろ合理的な車の乗り方だと言えるでしょう。

カーリースのメリット(1)初期費用を抑えて好きな車に乗れる

カーリースには、初期費用を抑えて好きな車に乗れるというメリットがあります。車はとても高価なものですので、購入するにはまとまったお金が必要です。そのため、「車が欲しいけれど、預金がないので購入できない」「乗りたい車があるけれど、予算オーバーなので、妥協して別の車を買うことを考えている」など、金銭的な理由で乗りたい車を諦めてしまっている人も多いでしょう。

カーリースなら、契約開始から契約満了まで月々のリース料金はずっと定額です。カーローンで車を購入するときと違って頭金も必要ないので、まとまったお金がなくても好きな車に乗ることができます。

カーリースのメリット(2)車に関する月々の費用を定額にできる

カーリースには、大きく分けて「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類があります。両者の違いは、車のメンテナンスの費用がリース料金に含まれるかどうか。車両本体価格のほかに車の税金や自賠責保険料などの諸費用もリース料金に含むのはファイナンスリースもメンテナンスリースも共通ですが、メンテナンスリースの場合は、さらに車検費用やオイル交換などの定期的なメンテナンスにかかる費用もリース料金に込みになっています。そのため、カーリースを利用する際、メンテナンスリースを選べば、リース期間中の車検費用やメンテナンス費用が別途発生することはありません。急な出費をなくして月々定額で車を使用できるので安心です。

カーリースのメリット(3)車の乗換えが簡単

カーリースを選べば、車の乗換えも簡単。マイカーの場合、乗換えの際には、不要になった車を下取りに出したり中古車買取店に売却したりしなくてはなりませんが、カーリースなら契約満了時に車を返却するだけでOKです。「数年ごとに車を乗り換えたい」とお考えの方には、乗換えの手続きがスムーズなカーリースがおすすめです。

カーリースが「やばい」と言われるのはなぜ?失敗しないための方法は?

カーリースがやばいと言われる理由を知って対策しよう

カーリースは走行距離が制限されていてやばい?!

カーリースでは、リース車の契約満了時の価値を一定の範囲内に保つため、年間走行距離に制限が設けられていることが一般的です。車は、走行するほど部品が劣化していくので、車の走行距離が想定よりも長いと、契約満了時の車の価値が予定より低くなってしまいます。そのため、カーリースで走行距離がオーバーすると、追加料金が発生します。

走行距離オーバーによる追加料金の発生を防ぐためには、自分の車の乗り方に合った走行距離を設定することが大切です。例えば、毎日の通勤で車を使用する場合は、通勤距離と勤務日数からおおよその走行距離を算出し、その上で余裕をもたせて年間走行距離を設定しましょう。また、「走行距離を気にすることなく、好きなだけ車を運転したい」という場合は、リース会社によっては走行距離制限なしのプランを用意している場合もありますので、そちらを利用するとよいでしょう。

カーリースだと、自由にカスタマイズできなくてやばい?!

カーリースの場合、車の所有者はリース会社であり、契約者はリース会社から車を借りている状態です。そのため、リース車を自由にカスタマイズしたり改造したりすることはできません。

ただし、リース会社によっては、原状回復できる範囲であれば車のカスタマイズを認めていることもあります。車のカスタマイズをしたいとお考えの方は、契約前にリース会社にカスタマイズしてもよいか確認しておきましょう。

月々定額でカーリースを利用できなくてやばい?!

カーリースに対してネガティブな印象をお持ちの方の中には、「カーリースは月々定額で利用できなくてやばい」という人もいます。月々定額で車を借りるのがカーリースであるはずなのに、「月々定額で利用できない」とはどういうことなのでしょうか。

カーリースの料金が月々定額でなくなる理由としては、ボーナス払いが設定されていることが考えられます。ボーナス払いの設定があると、ボーナスの時期のリース料金は普段より高くなります。
ボーナス払いの有無は、リース会社やプランによって異なります。「ボーナス払いをなくして、リース料金を月々定額にしたい」という方は、ボーナス払いのないリース会社やプランを選びましょう。

カーリースは、事故の際の修理費は自己負担でやばい?!

カーリースの月々の料金には、車両本体価格のほかに税金が含まれていますし、プランによっては車検などのメンテナンス費用も含まれます。しかし、事故などで車に傷やヘコミができたときの修理費は、リース料金には含まれていません。そのため、車の傷やヘコミなどの修理費は、契約者の自己負担となります。

傷やヘコミの状態によっては、修理費がかなり高額になることもあります。リース車の修理費に備えるためには、任意保険への加入が効果的です。任意保険に加入し、「車両保険」をつけておけば、車の修理費を保険でカバーできる可能性があります。カーリースを利用するときは、ぜひ任意保険に加入しましょう。

カーリースだといつまでも車が自分のものにならなくてやばい?!

「カーリースは、毎月お金を払い続けているのに、いつまでたっても車が自分のものにならないのでやばい」と言う人もいます。たしかに、カーリースは車を借りるサービスですので、契約満了時には車を返却するのが基本です。ただし、リース会社やプランによっては、契約満了時に残価を支払うことで車を買い取ることができる場合もあります。「いずれは車を自分のものにしたい」とお考えの方は、契約満了時に車の買取りが可能なリース会社やプランを選びましょう。

カーリースの総支払額は購入よりも高くなってやばい?!

カーリースを利用する場合、プランによっては契約期間中に支払うリース料金の総額が車両本体価格を上回ることもあります。そのため、「車を借りるために、車両本体価格より高い金額を支払うなんてやばい」「カーリースのほうが総支払額が高くなるなら、自分で車を購入したほうがよいのでは...?」と考える人もいるでしょう。

しかし、カーリースの料金には車両本体価格のほかに税金などの諸費用も含まれているため、一概に「カーリースのほうが高くつく」とは言えません。それに、カーリースには「初期費用をかけずに新車に乗れる」「車に関する費用を月々定額にできる」など、多くのメリットがあります。これらを踏まえると、仮に総支払額が高くなったとしても、カーリースにはそれを上回る価値があると考えられます。

カーリースは中途解約できなくてやばい?!

カーリースの月額料金は、契約期間や契約満了時の残価などから算出されます。そのため、カーリースでは、設定した契約期間のうちは中途解約できないことになっています。
ただし、「海外に引っ越すことになった」など、やむを得ない事情がある場合は、例外的に中途解約が認められることがあります。また、契約中に事故で車が全損になったときもリース契約は強制的に中途解約となります。このようにリース契約が中途解約となる場合は、「違約金」として残りの期間のリース料金を一括請求されることが一般的です。

カーリースの中途解約を防ぐためには、契約の際、自分のライフプランに合わせて適切な契約期間を設定することが重要です。また、全損事故による強制解約で違約金が発生しても、任意保険の「車両保険」があれば、保険金を違約金に充てることができます。全損事故に備えるためにも、ぜひ任意保険には加入しておきましょう。

カーリースは契約満了時に高額な追加費用を請求されてやばい?!

カーリースの契約方式には、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類があります。オープンエンド方式とは、あらかじめリース車の予定残価を契約者に公開し、契約満了時に実際の車の価値が予定残価を下回る場合には差額を精算するというもの。一方、クローズドエンド方式では、契約前に予定残価は非公開となっており、契約満了時の残価精算はありません。

両者を比較してみると、一般的に、オープンエンド方式のほうが月々のリース料金が安くなる傾向がありますが、オープンエンド方式には契約満了時の残価精算のリスクがあります。「カーリースは契約満了時に高額な追加費用を請求されてやばい」と言われるのは、オープンエンド方式のカーリースのことだと考えられます。「契約満了時に追加費用を請求されたくない」という方は、クローズドエンド方式のものを選べば安心です。

コスモMyカーリースは、「やばいカーリースで失敗したくない」という人におすすめ!

やばいカーリースで失敗したくない人にはコスモMyカーリースがおすすめ

「カーリースで失敗したくない」と言う方には、コスモMyカーリースがおすすめです。ここで、コスモMyカーリースの特長をご紹介します。

コスモMyカーリースなら、自分に合ったプランが選べる

カーリースでの失敗の多くは、自分に合ったプランを選べていないことが原因であると考えられます。コスモMyカーリースなら、契約期間はもちろん、メンテナンスパック、年間走行距離、頭金やボーナス払いの有無など、プランを自由に選べます。車選びやプラン選びに迷ったら、専門の知識を持つ「カーライフコンシェルジュ」に相談することも可能。きっと、自分に合ったプランが見つかるでしょう。

コスモMyカーリースは、契約満了時に車を買い取ることもできる?

コスモMyカーリースでは、オープンエンド方式とクローズドエンド方式からご自身に合った契約方式を選ぶことができます。オープンエンド方式を選べば、契約満了時に車の残価を支払うことで、車を買い取ることも可能です。「最終的には車を買い取って自分のものにしたい」という方には、コスモMyカーリースのオープンエンド方式でのご契約がおすすめです。

コスモMyカーリースなら、車両価格もガソリン代もお得に!

カーリースでは、車両本体価格から予定残価を差し引いた金額がリース期間中に支払う車両の価格となりますが、コスモMyカーリースなら、さらに独自の値引きにより、車両価格がもっとお得に。しかも、契約期間中はずっとガソリンが値引きになるという特典もついています。コスモMyカーリースは、「できるだけ家計の負担を軽くし、お得に車に乗りたい」という方におすすめのサービスだと言えるでしょう。

まとめ:自分に合ったプランを選べば、カーリースはメリットの多い便利なサービス

やばいと決めつけずにカーリースを選んで満足そうなカップル

カーリースに対して誤解している人の中には、「カーリースはやばい」と言う方もいますが、カーリースは、自分に合ったプランを選びさえすれば、やばいどころか非常にメリットの多いサービスだと言えます。ぜひ、みなさんも、ご自身に合ったプランを選んで快適にカーリースをご利用ください。

今村まりな

【プロフィール】
今村 まりな教育現場に勤務しながら、2015年よりフリーライターとしての活動をスタートする。2019年からは大手自動車メディアでコラムの執筆を担当。これまでにカーリースや自動車保険などカーライフに関する記事を300本以上制作している。

お役立ちコラム一覧へ