カーリースとはどのようなもの?しくみやメリットを解説します

カーリースとは、どのようなサービスなのでしょうか。レンタカーやカーローンなどとカーリースとはどのような違いがあるのか、また、カーリースにはどのようなメリットやデメリットがあるのかについて解説します。

カーリースとはどのようなもの?

カーリースとは、賢く車に乗れる便利なサービス

カーリースとは、車を借りるサービス

カーリースとは、車(カー)を賃貸(リース)するサービスのこと。従来は、日常的に車に乗るためにはマイカーを購入するのが一般的でしたが、近年はカーリースという新しい車の乗り方を利用する人が増えています。「車が欲しいけれど、高価すぎて購入するのをためらってしまう」という人でも、カーリースなら手頃な料金で利用できるので、無理なく乗りたい車に乗ることができます。

カーリースのしくみ

カーリースでは、利用者が選んだ車をリース会社が購入し、月々定額で貸し出しを行います。月々のリース料金の決定には、「車両本体価格」と「契約期間」、そして「契約満了時の車の残価」といった要素が関わっています。「残価」とは残存価格の略称で、契約満了時の車の価値のことを意味します。

例えば、新車の本体価格が500万円の車を5年間の契約でリースする場合について考えてみましょう。この車の契約満了時の車の残価を200万円と想定すると、5年間(60カ月間)で車を300万円分使用するという計算になります。そのため、1カ月あたりにかかる車の本体代金は5万円ということになります。

カーリースとレンタカーはどう違う?

カーリースと同様に車を借りるサービスにはレンタカーもあります。カーリースとレンタカーにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、カーリースとレンタカーで大きく異なるのは、契約期間です。レンタカーの契約期間は「12時間」「1日」などのように短く、車が必要なときに必要な時間だけ契約するようになっています。これに対し、カーリースの契約期間は「3年」「5年」のように長めに設定するのが一般的です。設定した契約期間中は、契約者自身が車を保管しておきます。そのため、カーリースの場合は、マイカーと同じようにいつでも乗りたいときに車を使えます。車が必要になるたびにその都度手続きを行わなくてよいので、「車を使用する機会が多い」という方にはレンタカーよりカーリースがおすすめです。

また、カーリースとレンタカーでは、車のナンバープレートにも違いがあります。ナンバープレートに書かれたひらがなは、車の用途を示しており、レンタカーの場合は「わ」または「れ」が割り振られます。これに対し、カーリースの車のナンバーは、自家用車と変わらない一般ナンバー。「借りている車だということを周囲に知られたくない」という方でも、カーリースなら安心して利用できます。

カーリースとカーシェアリングはどう違う?

車を借りるサービスには、カーシェアリングもあります。カーシェアリングとは、利用者間で車を共同で使用するというもの。カーシェアリングは、「15分」「30分」など、レンタカーよりもさらに短い時間の単位で利用できるので、近所に買い物に行くときなど、ちょっとした外出に車を使いたいという人でも気軽に利用できます。

ただし、カーシェアリングもレンタカーと同様、車を使いたいときにその都度予約をしなければなりません。また、予約状況によっては、使いたい時間に車が使えない場合もあります。しかも、カーシェアリングの車は「ステーション」と呼ばれる指定の場所に駐車しておくことになっているので、ステーションが自宅のそばにない場合は利用しづらいというデメリットもあります。「いつでも好きなときにすぐに車を使いたい」という方は、カーリースを選ぶほうがよいでしょう。

カーリースとカーローンでの車の購入はどう違う?

カーリースとは、月々定額で車を借りるサービス。「月々定額の料金を支払って車に乗るのなら、ローンで車を購入するのと変わらないのでは?」と考える人もいるかもしれません。

カーリースの場合、かかる費用は契約開始から契約満了までずっと定額。しかし、ローンで車を購入する場合は、最初に「頭金」が必要なことが一般的です。カーローンの頭金は車の本体価格の2~3割程度が相場と言われているので、車を購入するときは、ローンを組むとしてもある程度まとまった金額が必要となります。

また、カーリースの月々の料金には税金や自賠責保険料なども含まれていますが、車をローンで購入する場合は、月々の返済以外に税金などの支払いが別途発生します。

カーリースと残クレはどう違う?

カーローンの一種に「残クレ」と呼ばれるものがあります。残クレとは、残価設定クレジットローンの略称です。残クレでは、車両本体価格から残価(ローンの最終返済時の車の価値)を差し引いた金額を毎月返済していきます。設定した残価を差し引くため、月々の返済額は通常のローンよりも安くなります。

「残価を設定し、それを差し引いた金額を契約期間で分割して支払うのなら、カーリースと変わらないのでは...?」と思う方もいるでしょう。ところが、カーリースとは異なり、残クレには利息がかかります。また、残クレの場合も、通常のローンで車を購入する際と同様、月々の返済以外に税金などの支払いが必要です。

カーリースはなぜ人気?カーリースのメリットとは

カーリースのメリットとは?

近年、カーリースを利用する人がどんどん増えていると言います。カーリースにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

カーリースなら、まとまったお金がなくても乗りたい車に乗れる

カーリースのメリットの一つが、初期費用なしで好きな車に乗れることです。車を購入するにはかなりの費用がかかるものですが、カーリースならまとまった費用は一切不要。月々のリース料金だけで利用できます。

しかも、カーリースでは新車を借りることも可能です。「就職したばかりで預金がない」「新車に乗りたいけれど、高価なので諦めている」という方でも、カーリースなら乗りたい車に乗れそうです。

カーリースを利用すれば、車の維持費も月々定額にできる

カーリースの中には、メンテナンスつきのものもあります。車を購入すると、車検やメンテナンスなどでときどきまとまったお金が必要となりますが、メンテナンスつきのカーリースなら、車検費用やメンテナンス費用もすべて月々のリース料金に含まれます。車に関する費用を月々定額にでき、突然のまとまった出費を気にする必要がなくなるので安心です。

カーリースなら、購入するより安く新車に乗れる?!

カーリースには、残価が設定されています。自分で新車を購入する場合は、車両本体価格の全額を支払わなくてはなりませんが、カーリースで支払うのは車両本体価格から残価を差し引いた金額です。つまり、契約期間によっては、購入するよりもカーリースを利用したほうが費用を抑えて新車に乗ることができるでしょう。

カーリースなら、車のメンテナンスをプロに任せられる

車は、その安全性を保つため、定期的なメンテナンスが必要です。でも、「いつ、どのような点検・整備を行うとよいかわからない」「メンテナンスの時期が来るたびに、自分で業者を手配するのが煩わしい」という方もいるでしょう。

メンテナンスつきのカーリースなら、点検・整備が必要な時期になると通知が来て、メンテナンスをリース会社に任せられます。業者を手配する手間も省けますし、最適な時期に必要なメンテナンスを受けることもできて安心です。

カーリースのデメリットとは?

カーリース利用の際のデメリットや注意点とは

カーリースにデメリットはあるのでしょうか。カーリースを利用する前に知っておきたいデメリットや注意点とは?

カーリースは中途解約できない

カーリースを利用する上で注意しなければならないのが、カーリースは中途解約ができないということ。「大きなケガをして車を運転できなくなった」「海外に引っ越すことになり、車が不要になった」などの場合は、例外的に中途解約が認められることもありますが、その場合は「違約金」として残りの期間のリース料金を一括で支払わなくてはならないことが一般的です。

中途解約による違約金の発生を防ぐためには、契約時に利用期間を慎重に選ぶことが大切です。カーリースの契約の際は、「確実に車を使う期間はどのくらいか」をよく考えて利用期間を選択しましょう。

カーリースは走行距離に制限がある

カーリースには、一般的に、走行距離に制限があります。車は、走行すればするほど部品が消耗していくもの。走行距離が長くなると、車の劣化が想定よりも進み、契約満了時のリース車の価値が予定残価を下回ってしまうことがあります。カーリースの走行距離制限は、こういったことを防ぐために設けられているのです。

リース会社によっては、走行距離の上限を契約者自身が選択できる場合もあります。自分の車の乗り方に合わせて、適した走行距離を選びましょう。また、「走行距離制限を気にすることなく、好きなだけ車を使いたい」という場合は、走行距離に制限のないカーリースもありますので、そちらを選ぶとよいでしょう。

リース車は自由にカスタマイズできない

車を使用する人の中には、「車を自分好みにカスタマイズしたい」と考える方もいるでしょう。自分で購入した車であれば、改造やカスタマイズを自由に行うことができますが、カーリースの場合は、車の所有者はリース会社ですので、勝手に車をカスタマイズすることはできません。

ただし、リース会社の多くは、違法改造でなく返却時に原状回復が可能な範囲であれば、車のカスタマイズを認めているようです。なお、原状回復にかかる費用は契約者自身の負担となります。リース車のカスタマイズをしたいとお考えの方は、カスタマイズがOKかどうかを契約前にリース会社に確認しておきましょう。

カーリースを利用するならコスモMyカーリースがおすすめ!その特長とは?

コスモMyカーリースとは?

カーリースとは、お得に好きな車に乗れる便利なサービスです。では、実際にカーリースを利用するなら、どのリース会社を選ぶとよいのでしょうか。リース会社に迷う方には、コスモMyカーリースがおすすめです。コスモMyカーリースの特長とはどのようなものか見ていきましょう。

コスモMyカーリースは国産全メーカー・全車種から乗りたい車を選べる

リース会社を選ぶ際に外せないポイントの一つが、「乗りたい車を借りられるか」ということ。リース会社によって選べる車は異なりますので、自分の乗りたい車を扱うリース会社を選ぶことは重要です。

コスモMyカーリースなら、国産全メーカー・全車種から好きな車を選べます。しかも、ボディの色はもちろん、車のグレード、メーカーオプションやディーラーオプションも自由に選択可能。希望ナンバーを選ぶこともできます。コスモMyカーリースを選べば、乗りたい車が必ず見つかるはずです。

いつものサービスステーションでメンテナンスや相談ができる

コスモMyカーリースは、北海道から沖縄まで、全国に多くの店舗をもつコスモ石油が運営しているので、身近なサービスステーションで契約できるというメリットもあります。いつものお店でいつものスタッフに、給油ついでにリース車のことをいろいろ相談できますし、メンテナンスも任せられて安心です。

コスモMyカーリースなら、日々のガソリン代もお得に

車両本体価格も車の維持費も毎月定額にできてお得なカーリース。コスモMyカーリースを利用すれば、ガソリン代も値引きになり、さらにお得です。例えば、フルメンテナンスつきの「ゴールドパック」でのご契約の場合、指定のカードで給油すれば、リース期間中のガソリン代はずっと5円/L引き。「費用を抑えて賢く車に乗りたい」という方には、コスモMyカーリースはピッタリのサービスだと言えるでしょう。

まとめ:カーリースでお得なカーライフを始めよう

カーリースとは無理なく好きな車に乗れるうれしいサービス

カーリースとは、初期費用をかけずに毎月定額で好きな車に乗れる、便利でお得なサービスです。メンテナンスつきのカーリースを利用すれば、車の本体価格だけでなく、維持費まで毎月定額にできて安心。しかも、煩わしいメンテナンスをすべてリース会社に任せられるというメリットもあります。あなたもぜひ、カーリースを利用してお得なカーライフを始めてみませんか?

今村まりな

【プロフィール】
今村 まりな教育現場に勤務しながら、2015年よりフリーライターとしての活動をスタートする。2019年からは大手自動車メディアでコラムの執筆を担当。これまでにカーリースや自動車保険などカーライフに関する記事を300本以上制作している。

お役立ちコラム一覧へ