カーリースをおすすめしないと言う人がいるのはなぜ?

「カーリースはおすすめしない」という声を聞くことがありますが、それはなぜなのでしょうか。カーリースが「おすすめしない」と言われる理由と、カーリースで失敗しないためのプラン選びのコツについて解説します。

カーリースが「おすすめしない」と言われる理由

カーリースをおすすめしないと言われてその理由を調べる女性

近年、人気が上昇しているカーリース。しかし、中には、カーリースを「おすすめしない」と言う人もいます。カーリースが「おすすめしない」と言われるのは、一体なぜなのでしょうか。

「カーリースは中途解約できないからおすすめしない」

カーリースは、契約時に「3年」「5年」などの中から契約期間を選ぶことになっています。設定した期間の途中では、リース契約を解約することはできません。そのため、「いつでも自分の好きなタイミングで車を手放したい」という方には、カーリースはおすすめできません。

基本的には中途解約が不可とされるカーリースですが、「海外に転勤になった」「大きなケガをして運転できなくなった」などの場合は、中途解約が認められることもあります。ただし、中途解約の際には、「違約金」として残りの期間のリース料金を一括で支払わなければならないことが一般的ですのでご注意ください。

「カーリースは走行距離に制限があるからおすすめしない」

一般的なカーリースには、年間走行距離に制限が設けられています。これは、過走行による車の劣化を防いで、契約満了時の車の価値を一定以上に保つためのものです。

リース車で設定された距離を超える走行をすると、追加料金がかかることもあるのでご注意ください。なお、走行距離制限オーバーによる追加料金は、リース会社により異なりますが3~10円/kmが相場のようです。

「カーリースは車をカスタマイズできないからおすすめしない」

カーリースの場合、基本的に、契約が終われば車を返却することになっています。返却するときは、車を借りたときと同様の状態にしておくことが求められます。つまり、リース車を勝手にカスタマイズしたり改造したりすることはできません。

リース会社によっては原状回復できる程度であればカスタマイズを認めている場合もありますが、その場合も原状回復にかかる費用は契約者の負担となります。

「カーリースは契約満了時に残価精算があるからおすすめしない」

「カーリースは契約満了時に多額の費用が請求されるからおすすめしない」という声を聞くことがあります。たしかに、カーリースを利用する際、契約方式によっては契約満了時に追加費用が発生することもあります。

カーリースには、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類の契約方式があります。前者が契約前に車の予定残価(契約満了時の価値)を公開するのに対し、後者は予定残価を非公開としています。一般的に、オープンエンド方式のほうが月々のリース料金が安くなる傾向がありますが、オープンエンド方式では契約満了時の市場価格の変動などにより予定より車の価値が下がると、差額を追加で支払わなくてはなりません。

「カーリースは事故などの際の修理費が自己負担になるからおすすめしない」

カーリースの利用中に事故などで車に傷がついたり故障したりしたとき、その修理費は契約者の自己負担となります。そのため、「カーリースだと修理費を自己負担しなくてはいけないからおすすめできない」と言う人もいます。

しかし、事故の際の車の修理費が自己負担となるのは、リース車だけでなくマイカーも同様です。そのため、車の修理費が自己負担になることがカーリースをおすすめしない理由にはならないのではないでしょうか。

「カーリースは車が自分のものにならないからおすすめしない」

カーリースは月々定額で一定期間車を借りるサービスです。そのため、基本的には契約が満了すれば車を返却しなくてはなりません。

「毎月お金を払っているのに、いつまでたっても車が自分のものにならないのなら、カーリースより自分で車を購入するほうがよいのでは...」と考える方もいるでしょう。しかし、すべてのカーリースが必ず車を返却しなくてはならないわけではありません。リース会社やプランによっては、契約満了時に残価を支払うことで、車を買い取ることができる場合もあります。

「カーリースは購入するより支払い総額が高いのでおすすめしない」

「カーリースは購入するより支払い総額が高いのでおすすめしない」と言う人もいます。たしかに、プランによっては、契約期間中に支払うリース料金の総額が車両本体価格よりも高くなる場合があります。

しかし、カーリースの月々の料金には、車両そのものの費用以外に税金などの諸費用も含まれています。そのため、「カーリースのほうが支払い総額が高い」と一概に言うことはできません。

カーリースをおすすめしない人がいる一方で、カーリースに向いている人も

カーリースにはおすすめしない人だけでなくおすすめの人もいる

カーリースの利用には「中途解約不可」「改造NG」など一定のルールが設けられているため、「いつでも思い立ったときに車を乗り換えたい」「車を大きく改造したい」という人にはあまりおすすめできません。しかし、その一方で、カーリースに向いている人もいます。カーリースに向いている人とは、どのような人のことでしょうか。

初期費用をかけずに新車に乗りたい人にはカーリースがおすすめ

「できるだけ初期費用を抑えて新車に乗りたい」という人にはカーリースがおすすめです。新車は、車両本体価格が数百万円以上することも珍しくありません。さらに、車の購入時には、車両本体価格に加えて「消費税」「環境性能割」「自動車重量税」「リサイクル料金」「新車検査登録手数料」などの諸費用も発生します。そのため、「まとまったお金がないから新車を買うのは難しい」という方も多いでしょう。

カーリースなら、かかる費用は月々のリース料金のみです。まとまったお金が必要ないので、どなたでも気軽に乗りたい車に乗ることができます。

車の維持費を月々定額にしたい人にはカーリースがおすすめ

車は、購入後もさまざまな費用がかかります。例えば、年に一度自動車税を納めなくてはなりませんし、2年(初回は3年)に一度の車検、約半年ごとのオイル交換、数年ごとのタイヤ交換など、定期的なメンテナンスのたびに費用が発生します。

カーリースなら、自動車税などの税金は月々のリース料金に含まれています。また、メンテナンスつきのプランを選べば、車検やそのほかのメンテナンス費用もすべてリース料金に込みになります。「車に関する費用を月々定額にして、急な出費をなくしたい」という方には、カーリースは非常にメリットの大きなサービスだと言えるでしょう。

数年ごとに車を乗り換えたい人にはカーリースがおすすめ

「ライフステージの変化に合わせて数年ごとに車を乗り換えたい」「数年ごとに車を乗り換えて、ずっと新車に乗っていたい」そんな方にもカーリースはおすすめです。カーリースを利用する際は、「3年」「5年」「7年」などの中からリース期間を選択。契約期間が終われば、車を返却し、また別の車で新たにリース契約を結ぶことができます。カーリースなら、購入するよりも手軽に車の乗換えができそうです。

車のメンテナンスをプロに任せたい人にはカーリースがおすすめ

車は、その安全性を保つため、定期的に点検や整備を行わなくてはなりません。しかし、「いつ、どのようなメンテナンスを行うべきかわからない」「整備業者を探して自分で手配するのが面倒...」という方もいるでしょう。

そのような方には、カーリースがおすすめです。メンテナンスつきのカーリースなら、車検やメンテナンスが必要な時期にリース会社から通知が来るので、日程を調整し、指定された整備工場に車を持ち込むだけでOKです。最適な時期に必要なメンテナンスを受けられるので、車を常に安全な状態に保つことができます。

カーリースを「おすすめしない」と言う人に教えてあげたい!自分に合うプランの選び方

「おすすめしない」と言わせないプラン選びのコツ

「カーリースはおすすめしない」と言われる理由のほとんどは、適切なプランを選ぶことで解消することができます。カーリースで後悔しないためのプラン選びのコツについて見ていきましょう。

契約期間は慎重に設定する

カーリースを利用する際は、契約期間を慎重に選びましょう。カーリースは基本的に中途解約できませんし、例外的に中途解約できたとしても多額の違約金が発生してしまいます。そのため、カーリースでは、中途解約とならないように契約期間を選択することが重要です。ご自身のライフプランに合わせて、適切な契約期間を選びましょう。

余裕をもたせて走行距離を設定する

多くのカーリースには、走行距離制限が設けられています。走行距離を選ぶ際は、余裕をもたせておくことがポイント。あまりギリギリの距離を設定してしまうと、「走行距離をオーバーして追加料金がかかってしまった」「走行距離を超えないか気になって、運転に集中できなかった」などのような事態を招いてしまいます。ストレスなく運転を楽しむために、走行距離制限は余裕をもたせて設定しましょう。

頭金やボーナス払いの有無をチェックする

月々定額で車を借りるカーリース。ただし、プランによっては頭金やボーナス払いの設定がある場合もあります。頭金やボーナス払いを利用すれば、その分だけ月々の負担は軽くなりますが、月によっては出費が増えてしまいます。プランを選ぶ際は、これらのメリットやデメリットを考慮した上で、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

契約満了時の残価精算をなくしたいなら「クローズドエンド方式」を選ぶ

カーリースのリース会社やプランを選ぶ際には、契約方式にも注目してみましょう。カーリースの契約方式には、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類があります。このうち、オープンエンド方式には、契約満了時の残価精算のリスクがあります。「契約満了時に追加費用を発生させたくない」という方は、クローズドエンド方式を選びましょう。

契約満了時の選択肢を確認しておく

カーリースの契約満了時の選択肢は、リース会社やプランにより異なります。例えば、「車を返却する」「同じ車を再リースする」以外に「残価を支払えば車を買い取れる」といった選択肢のあるプランや、契約満了時に車がもらえるプランもあります。カーリースのプランを選ぶ際は、契約満了時の選択肢もチェックしておきましょう。

カーリースの利用を始めたら、任意保険の加入も忘れずに

カーリースの利用中に事故を起こすと、車の修理費は契約者の自己負担となります。また、事故で車が全損になると、そのタイミングでカーリースは強制解約となり、違約金として残りの期間のリース料金を請求されてしまいます。

このようなリスクに備えるためには、任意保険への加入が欠かせません。任意保険の「車両保険」に加入していれば、車の修理費や全損事故での違約金を保険でカバーできる可能性があります。カーリースを利用する際は、ぜひ保険にも加入しておきましょう。

「おすすめしない」なんて言わせない!自分に合うプランがきっと見つかる「コスモMyカーリース」

カーリースを「おすすめしない」と言う人もコスモMyカーリースなら納得

コスモMyカーリースなら、車もプランも自由に選べる

「カーリースを利用したいけれど、どのリース会社を選べばよいかわからない...」そんなときは、コスモMyカーリースがおすすめです。コスモMyカーリースなら、国産全メーカー・全車種から好きな車を選べます。しかも、グレード、カーナビやETCなどのオプションも自由に選択可能なので、お好みの車がきっと見つかるはずです。

しかも、コスモMyカーリースなら、プラン選びも自由自在。リース会社によってはボーナス払いの有無や走行距離、契約方式を選べないこともありますが、コスモMyカーリースはそれらを契約者自身が選択できます。また、メンテナンスパックも3つの中から選べるので、自分に合ったプランでカーリースを利用できます。

コスモMyカーリースなら、契約満了時の選択肢も豊富

コスモMyカーリースの場合、契約満了時には以下の選択肢があります。

  • 返却
  • 再リース
  • 乗換え

また、契約方式によっては、車の買取りも可能です。コスモMyカーリースなら、契約満了時の選択肢も豊富なので、ご自身の希望通りの車の乗り方が選べそうです。

まとめ:ストレスなく車を使用したい人にはカーリースがおすすめ

「おすすめしない」と言う人に惑わされず、カーリースを利用して満足そうな女性

「おすすめしない」なんてことも言われることのあるカーリースですが、自分に合うプランを選びさえすれば、デメリットよりもメリットの方が大きいサービスです。月々の車に関する費用を定額にして、ストレスなく車を使いたいという方は、ぜひカーリースを利用してみてはいかがでしょうか。

今村まりな

【プロフィール】
今村 まりな教育現場に勤務しながら、2015年よりフリーライターとしての活動をスタートする。2019年からは大手自動車メディアでコラムの執筆を担当。これまでにカーリースや自動車保険などカーライフに関する記事を300本以上制作している。

お役立ちコラム一覧へ