車購入、どれを選ぶ? 3つの購入方法とカーリースの比較

車の購入にはまとまった金額が必要になるもの。通常はローンを組んで購入することが多いですが、できれば少しでも自分に合った購入方法で手に入れたいものです。そこで、車の購入にはどんな方法があるのか、どんな違いがあるのか、知っておくと役立つ情報をお届けいたします。

車購入は人生の大きな買い物

車購入は人生の中でも大きな買い物のひとつです。

近年は減少傾向にあるといわれてはいるものの、コロナ禍の影響で公共交通機関を避けて通勤や移動の手段として車購入を検討する人が増えつつあります。
車がないと買い物や通院が難しい地域では「生活の足」として車を確保しておきたいと考えている人も多くいます。

いざ、車の購入を検討し始めると「まとまった金額」が必要になるもの。
通常はローンを組んで購入するケースが多いですが、いきなり車のローン購入を決める前に色々調べてみることで、もっと自分に合ったスタイルで車を手に入れられる方法を見つけられるかもしれません。そこで、今回は代表的な車の購入方法と他にどんな選択肢があるのか、特長や注目ポイントを含めながら詳しくご紹介いたします。




車を購入したい!選べる3つの選択肢

車の購入方法には、大きくわけて「カーローン」「残価設定ローン(残クレ)」「現金一括払い」の3つの選択肢があります。
マイカーを購入する時、この3つのいずれかを選ぶことが主流になっていますが、それぞれメリットや注意が必要な点はどんなところでしょうか。買う人の立場や状況によって「これが一番良い」という方法は違いますが、知識を持っておくことは購入方法を選ぶ際に役立つはずです。




カーローン

利用している人が非常に多い車のローン購入。車を購入する人の多くが何らかの形でカーローンを利用しているといわれています。
まとまったお金の準備が難しくても、比較的カンタンに車を購入することができるのですが「お金を借りる」ことではあるので、返済時には利息が付くことになります。

◯ 良い点
購入時にまとまった現金の準備がなくても車を買える
車に関する出費を計画的に考えることができる
◯ 注意点
金利の支払いが発生する




残価設定ローン(残クレ)

購入する車について数年後の『残価』(下取り価格)を設定し、車両価格から『残価』を引いた金額をローンで返済していく購入方法です。月々の支払い額を抑えられるので、車以外の部分で使えるお金に余裕を持てます。支払期間が終了したあとは、車を返却する、同一メーカーの車に乗り換える、『残価』を支払って購入する、などの選択肢があります。

◯ 良い点
月々の返済額が抑えられる
比較的短いサイクルで次の新車に乗り換えることもできる
◯ 注意点
契約満了時や乗り換え時に同一メーカーの車に乗り換えるなどの制約が生じる場合がある




現金一括払い

車両価格をまるごと現金で用意し、購入する方法です。
最初に数十万~数百万というまとまったお金は必要になりますが、月々の支払いは生じませんし、名実ともに「車を所有する」ことができるので、車のカスタムやドレスアップなど自由に手を加えることも可能です。長い目で見るとラクになる購入方法です。
その反面、下取りの手続きなど諸手続は全て自分で行う必要があります。

◯ 良い点
月々の返済がなく、車を自分好みにカスタムすることができる
契約期間や走行距離の制限がなく、好きなだけ乗り続けられる
◯ 注意点
購入時のまとまったお金の準備や、下取り時などの車の諸手続を自分で行う必要がある


このように、どの支払い方法にも良い点と注意すべき点はありますが、人によって状況が変わるため一概にはいえないところです。購入を検討している店舗が家から近いなど、別の観点でメリットになることがあれば合わせて考えるのも良いでしょう。
また、上記は「車両本体価格」の支払いについての話になりますが、これに加えて車検や税金、修理や部品交換、駐車場代などの車の維持費は必要となります。





残価設定ローン(残クレ)って?

3つの購入方法の中で「カーローンや現金一括払いはなんとなくイメージできるけど、残価設定ローンって?」と疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか。実は残価設定ローン(残クレ)について詳しく知らない人は意外に多いのです。
そこで、残価設定ローン(残クレ)についてもう少し詳しくご紹介します。

残価設定ローンは、残クレ(残価設定型クレジットの略語)とも呼ばれており、車の購入シーンではよく使われる支払い方法です。
仕組みとしては、これから購入する車の下取り予想価格を、あらかじめ『残価』として設定します。この『残価』を車両本体価格の総額から引いた金額でローンを組む形です。
全額をローンで購入した場合に比べ、残価を差し引いた分だけローンの金額が下がるため、月々の支払い額を抑えることが可能です。場合によっては通常のカーローンの支払い額の半分に近い金額となることもあるようですが、注意点として認識しておくこともあります。




ローンを支払い終わる=自分の車 ではない

数年後に下取りに出すことが前提で、月々の支払い額が抑えられているので、ローンを支払い終わってもすぐに自分の車になるわけではありません。ローンを支払い終わった後の選択肢として次の3つがあります。

◇ 車を返却する
◇ 『残価』を支払って自分の車にする
◇ 同一メーカーの新しい車に乗り換える




利息の支払いが高くなることがある

残価設定ローン(残クレ)は『残価』を車両本体価格の総額から引いた金額でローンを組みますので月々の返済額は少なくなるのですが、ローンの利息は『残価』も含めた車両本体価格全体に対してかかりますので、最終的にローンの利息総額が高くなる可能性があります。




車検や税金などは自分で支払う必要がある

残価設定ローン(残クレ)の場合、条件付きとは言え、契約期間中の所有権は自分にあります。そのため、車検や税金といった車の維持費は月々の支払いとは別に発生します。




車は原状維持が基本

残価設定ローン(残クレ)で車を購入する場合、最終的に「所有する」ことが前提ではないので、車のカスタムはせずに、できるだけ車を傷つけないように使用することが求められます。
あまりにもダメージが多かったり、事故を起こしてしまった場合には別途対応を求められるケースもあります。

※ 『残価』を支払えば車の所有はできます。




残価設定ローン(残クレ)は「乗りたい車のメーカーが決まっている」という人にとってはメリットがある購入方法です。
まず、利用することで車に関する月々の支払い額を抑えられますし、次の車に乗換える時も、乗っていた車はサービス会社におまかせで済むので非常にラクです。下取りの手続きなどの煩わしさもありません。
自分の車の好みやどんな風に乗りたいのか、どういう支払いプランにしたいのかを要望を明確にしておくと、購入方法の決断もスムーズになるはずです。





あなたに最適なマイカーの購入方法は?

マイカー購入の「3つの支払い方法」のうち、結局どれが一番自分に良いのか、一番自分にあっているのか、まだ悩んでいるという方へ向けて、支払い方法ごとに「向いている人」「あまり向いていない人」についてまとめてみました。





カーローンに向いている人

車を買う時の費用をできるだけ抑えたい人
カーローンの場合、頭金の準備ができなくてもローンの審査が通る場合もあります。まとまったお金の準備を考える必要なく、購入のハードルを下げられます。

1台の車を長く大切に乗り続けたい人
ローンの支払いが終わると最終的に乗っている車は自分のものになります。返却の必要もなく、車のカスタムも自由に楽しめます。1台の車を大切に乗り続けたい人にもオススメです。




カーローンにあまり向いていない人

ライフスタイルが近々に変わる可能性がある人
結婚や出産などによりライフスタイルが大きく変わると乗るべき車も変わっていくもの。ライフスタイルの変化が近々で予想されるのであれば、カーローンを組む場合は乗る車を慎重に選んだほうが良いでしょう。

比較的短いサイクルで車を乗り換えたい人
ローンの支払いは、条件によって長い期間を要することもあります。ずっと同じ車に乗り続けたくないという人には、あまり向いていないでしょう。






残価設定ローン(残クレ)に向いている人

月々の費用をできるだけ抑えたい人
残価設定ローン(残クレ)は、通常のカーローンに比べて月々の支払い額を抑えることができます。車に関する出費をなるべく抑えたいと考えている人にオススメです。

いろいろな車に乗ってみたい人
乗り換える場合は基本的に同一メーカーとなりますが、同一メーカーの中で次々と新しい車に乗り換えやすいという点があります。「ずっと同じ車に乗っていると思われたくない」「新しい車はすぐに試してみたい」という人に向いています。




残価設定ローン(残クレ)にあまり向いていない人

車の使い方で注意が必要な人
長距離移動が多い人は走行距離をオーバーしがちです。また、ペットと同乗する機会が多い人の場合は、乗せ方によっては車が傷む原因になることがあります。走行距離をオーバーしていたり、契約満了時点で車が傷んでいたりすると、想定の残価より低く査定されることとなり、予定外の費用を請求されるケースもあり得ます。

他のメーカーの車にも乗ってみたい人
基本的に同一メーカーで車を乗り換える原則がありますので、他のメーカーの車にも乗ってみたい方には向いていません。

車を自分好みにして楽しみたい人
返却することが前提となっているため、所有権は契約者名義でも車のカスタムはできません。車を自分好みにして楽しみたい人には向かないでしょう。






現金一括払いに向いている人

資金に余裕がある人
車は購入した後もなにかと費用がかかるものですが、資金に余裕があれば車関連の出費も負担にならないでしょう。

車を自分好みにして楽しみたい人
長距離ドライブが大好き、車のカスタムにこだわりたい、など車を存分に楽しみたいと考えている人にピッタリです。買ったその日から自分の車になるので、車のカスタムもすぐに始められます。






カーリースという新しい選択肢

車を持つ新しい選択肢として、カーリースへの注目が高まっています。
カーリースとはその名の通り、車のリース契約のことで、自身が選んだ車をリース会社が購入し、契約者は月々の決まった使用料金を払うことで、契約期間中ずっとマイカーのように車を使用できます。

例えば、コスモMyカーリースなら、国産全メーカー・全車種から車選びができ、しかも頭金は0円で、初期費用の準備は不要です。
車検・税金・メンテナンスの費用を月々の支払い額に含められるので、車にかかる費用は毎月一定に。もう、急な出費にあわてなくてることもありません。
定期的な点検も、お近くのコスモ石油のサービスステーションで給油のついでに受けていただくことができます。お得なガソリン割引もあり、家計にもやさしいのが特長です。
「初期費用も月額費用もとにかく抑えたい」「選択肢は多いとうれしい」「車のことは面倒なのでまかせたい」という人にピッタリのサービスです。
車の購入を考えた時は、ぜひコスモMyカーリースも選択肢としてご検討ください。

※ コスモ・ザ・カードなど当社指定のカード利用時に限ります。

コラム一覧へ戻る