車の買い替え時期、おすすめのタイミングはいつ?

お気に入りの愛車も、長く乗っていると経年劣化で気になるところが出てきたり、意外と走行距離が増えていることに気づいたりするものです。今、まさに「車を買い替えたい!だけど、いつが車の買い時なんだろう?」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、スタッフが見た『車の買い替え時』をご紹介しながら、車の買い替えに役立つ情報をお届けいたします。

車の『よくある買い替え理由』とは

車の買い替え時はいつ?

002_kuruma-tenken_img01_back.jpg

どんな時に「車を買い替えたい」「新しい車に乗り換えたい」と思うのでしょうか。

パッと思い浮かぶのは、結婚や出産などで家族が増えた時や車検が近くなってきた時ではないでしょうか。実際、車検時期を目安に車の買い替えを考えるという人は多いようです。

車の買い替えを検討する時に、やってみると良いことがあります。それは、現在乗っている車の「棚卸し」です。車をどんな風に使うのか、誰がメインで使うのか、乗車する人数は最大何人なのか、そうした点に着目して情報を整理すると良いでしょう。

(1) 車を買った時期
(2) 車の現在の走行距離
(3) 車の実燃費※
(4) 車のことで心配な点や気になる点
(5) 車に不足していると思う点

これらを紙に書き出してみると、なぜ車を買い替えたいのか、どういう車を自分は望んでいるのかが明確になってきます。

※実燃費の確認方法:「満タン法」と呼ばれる方法があります。燃費は「km/L」という単位で示されるので「走行距離÷給油量」で求めることができます。まず、満タンで給油を行い、その後トリップメーターをリセットします。そして次も満タンで給油を行い、トリップメーターに表示されている走行距離(km)をその時の給油量(L)で割ると、実燃費を知ることができます。


では、多くの人が「車を買い替えたい」と思うのはどんな時なのか具体的に見てみましょう。




1. 車検の時期

新車購入後、最初の車検は3年目ですが、その後は2年ごとに車検の時期がやってくるので、その度に「車の買い替え」を考えるというお話はよくききます。
乗り方によって車の劣化度合いは変わってきますが、年数経過によりメンテナンスの部分でコストは増えますし、自動車税なども上がります。そのうえ高い車検代を払って古い車に乗り続けるのであれば、装備や安全性能が充実し、燃費性能も向上している新車で安心と快適さを手に入れるほうが良いという人も増えています。

2. 自動車税(種別割)の支払い時期

自動車税(種別割)は毎年支払うものですが、軽自動車もガソリン車も13年を超えると自動車税(種別割)や自動車重量税の金額が大幅に上がるため、こうしたタイミングで「車の買い替え」を検討する人は多いです。

3. 車の維持費を下げたい時

車に乗る人にとって、車の維持費は常に気になるところです。仮に車を現金一括購入したとしても、さまざまな支払いから解放されるというわけではありません。ガソリン代、自動車税、車検にかかる費用、車の点検費用など、なにかと出費をともなうものです。少しでも車の維持費を下げるために、燃費のいい軽自動車やハイブリッドカーなどへの乗り換えを検討する人も少なくありません。

4. 車のサイズがライフスタイルに合わなくなった時

結婚や出産で家族が増えた、子供が大きくなって車の使い方が変わった、夫婦二人暮らしになったなどの家族の変化や、転居や転職によってマイカー通勤を始めたり、通勤経路が変わったりなど、ライフスタイルの変化にともなって今乗っている車のサイズが合わなくなったということで、車の買い替えを検討する人も多いです。

5. 車のメンテナンスにかかる費用が気になってきた時

同じ車に長年乗り続けていると、部品交換や修理が必要になったり、キズ・へこみ・すり減り・異音が気になるなど、メンテナンスにかかる費用は一般的に高くなる傾向にあり、その金額が家計を圧迫するということも起こってきます。「7年目の車検が来る前」「軽自動車なら8万km前後、普通車なら10万km前後、走行距離を超過している」は、車の買い替え時期の目安といわれています。いわゆるメーカー保証も新車購入から数年経つとなくなってしまいますので、その時期も事前に確認しておきましょう。

「車の買い替え」を考えるタイミングで多いのは、この5つです。

同じようなお悩みを抱えている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「車の買い替えは、そうカンタンにはいかない。まとまったお金の準備も必要だから。」と二の足を踏んでいる方、現金一括やローン購入、残クレといった方法以外にも車を手に入れられる方法があるのはご存知ですか。
頭金0円で月々定額支払い、さらにその中に車検や税金、メンテナンス費用も含まれたプランも用意されている「個人向けカーリース」という選択肢があります。ご自分に合った買い方で新しい車を手に入れる方法を検討してみませんか。

004_kaikae_img01.jpg

車の買い替えを失敗しないためには?

今乗っている車と新しい車のことは同時に考えよう

「車の買い替え」は成功させたい一大イベントです。
数年間は乗ることを想定して、新しい車を手に入れるわけですから、万一「失敗した...。」となると必然的にダメージも大きくなります。
車の買い替えを検討し始めたら、今乗っている車をどうするのか、下取りに出すなど手放す際の方法は早目に検討しておくことをオススメします。特に車の売却や譲渡を考えている場合は、ケースに応じて必要な手続きがありますので細かく調べておきましょう。

また、「車の買い替え」をローン購入やカーリースなどで検討しているのであれば、必ずローンやリースの審査があります。審査結果によって状況が変わったり、選んだ車種によっては納車までに時間がかかったりということもあります。車の買い替え方法は早めに決めて準備を進めましょう。

では、車の買い替えにおける「よくある失敗理由」には、どんなものがあるのでしょうか。

1. 車のローンが残っていた

車の所有者が自分であれば車の売買は自由にできますが、ローン会社が所有者となっている場合には、ローンの完済と名義変更は必須です。まず、車の売却金額とローン残高を比較してみましょう。ローン残高のほうが高いなら、車の買い替え時に「前の車のローン残高分を現金で支払う」「新しい車のローンに、前の車のローン残高分を上乗せする」などの方法で、とにかく完済するか、あるいは完済できる手段を確立しておくことです。

2. 車の税金が未納だった

「うっかり自動車税(種別割)が未納だった!」という場合、後から自動車税を納めることはできます。ですが、支払期限を越えてしまっているので「滞納」扱いになることをご存知でしょうか。支払う税額や滞納期間によって違いはありますが「延滞金」が生じます。また「延滞金」も含めて自動車税(種別割)を納めたとしても、延滞せずに期日通り税金を納めた時のように、すぐ「納税証明書」をもらうことはできません。「納税証明書」は後日発行となりますので、その点も注意が必要です。

004_kaikae_img02.jpg

3. 車の任意保険を切り替えていなかった

今乗っている車の任意保険は、新しい車の納車日の前に「車両入替えの手続き」が必要です。納車日を契約変更日として設定することができるのをご存知でしょうか。そうすることで新しい車の納車日から新しい車に対して任意保険が適用されます。もし、手続きを忘れてしまったという場合には、納車された後でも手続きを行うことはできるのですが、可能であれば新しい車の納車日を確認して、その前に任意保険の「車両入替えの手続き」を済ませておくのが良いでしょう。





こんなことも...車の買い替え事件簿?

予想以上に車の維持費が高くつく結果に

車好きだからマイカーにはとことんこだわりたいと「一度は乗ってみたいと思っていた車」をマイカーにされる方もいます。
特に車高も高めでサイズの大きなSUVやミニバンは人気の高い車両タイプです。しかし、いざ乗ってみると、自動車税や車検代など定期的にかかる費用、タイヤ交換など部品交換にかかる費用と、当初の想定以上に重くのしかかって家計を圧迫してしまい、結果的にお気に入りの愛車を泣く泣く手放すことになってしまった...という方も少なくありません。
車の維持費をできるだけ安くしたいのであれば、軽自動車コンパクトカーなどから新しい車を検討することもひとつの方法です。最近の軽自動車やコンパクトカーは、普通車にならぶ室内の広さや収納力を持ち、装備や安全性能も充実している車種が多くあります。

安くて良い車と思って買った中古車が...事故車だった

欲しい車種で、かつ比較的新しく、価格も相場より安い中古車をみつけて(これは買いかもしれない。早く押さえないと売れてしまうかも!)と早速購入してみたところ、乗り始めてすぐに不具合が発生してしまった。よくよく調べてみると、実は事故車だった...という話は時々耳にします。事故車の怖いところは後々どのような影響が出るのかが読めないということです。どんなに好きな車種で条件が良かったとしても「安すぎる!」と思ったらご注意ください。




車の買い替え・乗り換えなら新車がオススメ!

初期費用で無理をしない、車の新しい持ち方

「車を買い替えるなら新車に乗りたいけど...初期費用はできるだけ抑えたい。」
「新車に乗りたい。部品交換や修理も必要ないし、車の維持費も抑えられそう。」

そんな方に、ぜひおすすめしたいのがコスモMyカーリースの『ゴールドパック』です。
頭金0円、月々定額支払い、その中にリース期間中の税金、点検・車検、オイル・部品交換などもも含まれており、急な出費の心配もないので安心です。さらにガソリン割引もありますので、車の維持費も節約できます。
さらに定期的な点検は、お近くのコスモのサービスステーションで給油のついでなどに受けていただくことができます。車のことをすみからすみまで知りつくしたプロが、あなたの愛車を見守ります。
コスモMyカーリースは、車を買い替えたい・新車に乗り換えたいとお考えのお客様に細やかなサービスでお応えしています。

※コスモ・ザ・カードでのお支払いが必要になります。
コラム一覧へ戻る