プロが伝える!SUVの魅力とオススメ車種

アクティブなライフスタイルをイメージさせるSUV。世界的にも大人気で、さまざまなモデルがリリースされています。だからこそどんなモデルを選べばいいのか迷うことはありませんか?そこで今回は車のプロに【SUVの魅力】を聴いてみました。車選びの悩みを解決してくれるプロは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考員でもあり、自動車研究家の山本シンヤさんです。

自動車研究家 山本 シンヤ

【プロフィール】
自動車研究家
山本 シンヤ(やまもと しんや)自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車メディアの世界に転職。2013年に独立し、「造り手」と「使い手」の両方の想いを伝えるために「自動車研究家」として活動を行う。自動車メーカー在籍中はSUVの商品企画に携わっていた経歴を持つ。

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)をわかりやすく言うと「走る道やシーンを選ばず対応できる車」です。もともとはピックアップトラック※1の派生モデルでしたが、現在の主流は乗用車をベースにしたモデルがほとんどです。

その人気はあっという間に世界に広がり、現在では多種多彩なラインアップを誇ります。これまでSUVとは無縁だったプレミアムブランドやスポーツカーメーカーも無視できないカテゴリーとして積極的に参入するなど、どのメーカーも重要なカテゴリーとして認識するほどです。



3つの視点でSUVのオススメ車種を紹介!

デザイン性の高さでオススメのSUV

これまで乗用車の主流であったハッチバックやセダンはどちらかというと保守的でビジネスライクな印象が強いモデルが多いですが、SUVはダイナミックでアクティブなイメージを強くアピールした "華"のあるデザインが特徴です。

さらに女性にとってSUVのデザインは"守られている"という印象を受けるようで「安心感が高い」との意見も多く聞かれます。
最近のデザイントレンドは大きく2つ。
1つはアクティブなシーンで映える力強さや非日常を重視したSUVらしいデザイン。
もう1つは都市部を中心としたオンロードに映える乗用車ライクでスマートなデザインです。
前者はトヨタ RAV4やスバル フォレスター、後者はトヨタ ハリアーやマツダ CX-5などが挙げられます。

さらにスタイリッシュなデザインを優先したモデルも多く登場しています。
トヨタ C-HRや日産 ジューク、三菱 エクリプスクロスなどは、かつて人気だったスペシャリティクーペ※2のSUV版といったモデルです。

トヨタ ハリアー / トヨタ C-HR / マツダ CX-5

運転のしやすさでオススメのSUV

多くの人がSUVに乗って感じることは「見通しが良いから運転がしやすい」です。これはセダンやハッチバックに比べて着座位置が高く、アイポイント(運転時の視点)が高いことに起因しています。

また、悪路走破性を向上するために引き上げられている最低地上高(地面から車体最低部までの高さ)の高さやアプローチアングル/デパーチャーアングル※3(路面と前後バンパーが干渉しにくい指標)にも優れていますが、これらはオンロード走行でも駐車場や踏切などの段差や傾斜を気にせず走れるというメリットにつながっています。
さらにスクエアなボディ形状は車の四隅を把握しやすく、見切りや取り回し性も良いので運転のしやすさをもたらしてくれます。結果としてドライバーのストレス低減にもつながり、積極的にクルマに乗りたくなる"アクティブな気持ち"にさせてくれます。

そして4WDの採用によって天候や路面状況に左右されない走行性能や高速走行の直進安定性はもちろん、技術の進化により全高や重心の高さを感じさせないハンドリング、長いサスペンションストローク※4を活かした乗り心地の良さなど、車としての総合性能も高いのです。

トヨタ RAV4 / ホンダ CR-V / 三菱 アウトランダーPHEV

タフな走りでオススメのSUV

日本をはじめとする先進国は道路整備が進んでいますが、世界を見渡すとまだまだ道路事情が悪い国も多いです。
「道なき道を走れて、人や荷物を運ぶために壊れにくい」という点は最も色濃く表れているSUVの本質と言っていいでしょう。

特にトヨタ ランドクルーザーやスズキ ジムニーは、ラダーフレーム※5やリジットサスペンション※6、悪路走破性を重視の4WDシステムといったように、日本で使うには正直オーバースペックなところも。しかし"世界が認めた信頼を所有する"といった安心感が得られるのは大きいです。
オンロードとオフロードの性能をバランスさせた最新SUVにも、根底にはそのDNAが備えられているといえます。
最低地上高の高さや優れたアプローチアングル/デパーチャーアングルといった基本素性の良さは大きな魅力なのです。そして岩場や泥道、砂地など状況に応じて最適制御を行う最新の4WDシステムや、雪道や急坂を下りる際に車側で制御してくれる機能(ヒルディセントコントロール※7)などと、技術の進化もタフな走りを支えている要素であり、大いに注目すべき点であるといえます。


スズキ ジムニー / スバル フォレスター / トヨタ ランドクルーザープラド

選べばメリットがいっぱいのSUV

かつては派生モデル的なニッチなクルマでしたが、今ではセダンやハッチバックに変わるメインストリームのモデルへと成長を遂げたSUV。
その人気の秘密は"華"のあるデザイン、ストレスフリーな運転のしやすさ、オンロードもオフロードも問わないタフな走りと、まさにマルチパフォーマンスです。

中でも400万円前後モデルは各メーカーのエース級モデルが勢揃いしています。
キャラクターやボディサイズ、さらにはパワートレイン※8も豊富に用意されており、乗る側の好みや用途にマッチした最適なモデルを選択できる楽しいジャンル、それがSUVなのです。

毎月いくらで
新車に乗れる?

SUVをチェック




【用語ご説明】
※1 ピックアップトラック...セダンのような運転席に、天井のない荷室と後方に開閉できる側板がある貨物自動車。(例:トヨタ ハイラックス)
※2 スペシャリティクーペ...スタイリッシュでスポーツカーの感覚を味わえるクーペ
※3 アプローチアングル/デパーチャーアングル...起伏の激しいラフロードにおける路面と前後のバンパーが干渉しないようにするための指標
※4 サスペンションストローク...路面の凹凸による振動を車体に伝えないようにする緩衝装置における最も縮んだ時と最も伸びた時の距離。乗り心地に大きく影響する。
※5 ラダーフレーム...自動車の構造のひとつで梯子型のフレームのこと。SUVにもよく使われている。
※6 リジットサスペンション...左右の車輪が車軸でつながっているものをいい、自動車のサスペンション形式のひとつ。
※7 ヒルディセントコントロール...エンジンブレーキだけでは減速できない、急な下り坂や雪道など滑りやすい路面を下る時に車が速度を低速(4km/h~15km/h)に自動制御すること。
※8 パワートレイン...エンジンから生まれた回転エネルギーを駆動輪へと効率的に伝える。エンジン。クラッチ、トランスミッション(変速機)などを含む動力伝達装置の総称。走る、曲がる、止まるなどの車の動きはパワートレインを介して行われる。

一覧へ戻る