1ヶ月間だけ車が必要。カーリースは利用できる?

長期旅行や出張などで「1カ月間だけ車を使いたい」というケースもあるでしょう。その際、 カーリースを利用することも可能です。 他にも、「レンタカー」「カーシェア」「知人や家族から借りる」などの方法があります。それぞれの内容を見ていきましょう。

1カ月間だけでもカーリースは利用可!短期で車を利用する際の4つの選択

4つのコマから1つを取る女性の手

長期旅行や出張などで「1カ月間だけ車を使いたい」というケースもあるでしょう。その際、 カーリースを利用することも可能です。 他にも、「レンタカー」「カーシェア」「知人や家族から借りる」などの方法があります。それぞれの内容を見ていきましょう。

■選択1.カーリース

カーリースは、契約期間の間、返却なしで自由に車を使えるサービスです。たとえば、1カ月のうち、ほぼ毎日、日中に車を使いたい人に向いています。

カーリースの利用方法は、車を選んで契約手続きを行い、登録に必要な書類や車庫証明を提出するというもの。年単位のカーリースの場合、契約前に信販会社の審査がありますが、1カ月などの短期カーリースであれば信販会社の審査なしが一般的です。

■選択2.レンタカー

レンタカーは車を1カ月間丸々使えるカーリースと違い、使いたい日だけ車を借りられるサービスです※。 たとえば、1カ月のうち、毎週火曜日だけ車を使いたい人に向いています。
※一部、1カ月間丸々利用できるマンスリーレンタカーもあります。

レンタカーの利用方法は、受付などで申し込み手続きを行い、クレジットカードで決済するというもの。車の空きがあれば急な利用も可能です。料金を時間制で支払うため、走行距離が長くなっても追加料金はありません(ただし、返却時に使った分のガソリン補充は必要)。

■選択3.カーシェア

カーシェアは車を1カ月間丸々使えるカーリースと違い、短い時間だけピンポイントで車を使いたいときに便利なサービスです。たとえば、1日のうち夕方の数時間だけ、たまに車を使いたい人に向いています。

カーシェアの利用方法は、使いたいサービスに入会し、ネット上で使いたい時間帯に予約を入れるというもの。利用した分の料金を1カ月分まとめて精算するのが一般的です。

■選択4.知人や家族から借りる

ここまでご紹介してきたカーリース、レンタカー、カーシェアなどを利用する以外に、1カ月間だけ「知人や家族から借りる」方法もあります。他の方法との違いは、利用料金がかからないことです。

とはいえ、知人や友人であれば、一般常識としてお礼を渡す必要はあるでしょう。また、事故を起こしたときに貸主に迷惑をかけないよう、1カ月限定のドライバー保険に加入するなら、その保険料もかかってきます。このように「知人や家族から借りる」場合でも、支出が発生する可能性があることを意識しましょう。

1カ月などの短期カーリースのメリット・デメリット

互い違いのSTRONGの矢印とWEAKの矢印

次に、1カ月などの短期カーリースのメリット・デメリットを解説します。先ほどご紹介した「レンタカー」「カーシェア」「知人や家族に借りる」など、他の方法との比較を交えながらお話していきます。

■1カ月などの短期カーリースのメリット

・メリット1.レンタカーやカーシェアなどよりも費用が安い

車を使う期間が1カ月間であれば、 レンタカーやカーシェアよりもカーリースのほうが費用が割安になるケースがほとんどです。理由は、サービスごとに得意な利用期間があるからです。

たとえば、レンタカーは1日〜数日など、カーシェアは数時間〜半日などで使った場合にコストパフォーマンスがよいです。これに対して、カーリースは利用期間が長期になるほど料金が割安になる仕組みです。

・メリット2.使いたいときにすぐ使える

車を使いたいとき、貸出場所まで車を取りに行かなくていいこと、これもカーリースのメリットです。 他の方法では、レンタカーなら店舗まで、カーシェアなら最寄りのステーションまで車を取りに行く手間がかかります。

また、知人や家族から車を借りる場合も、知人なら先方のお宅、家族なら実家まで足を運ばないといけないでしょう。一方、カーリースであれば1カ月間、車をずっと手元に置いておけるため、いつでも使いたいときにすぐ利用可能。これにより、時間を効率的に活用できます。

・メリット3.普通車と同じナンバー表記である

車のナンバーは、用途によって番号の前のひらがな表記が変わってきます。レンタカーやカーシェアなどのナンバーのひらがな表記は「わ」または「れ」です。

これらのナンバーだと、「短期で借りている車に乗っている」ことが周囲に分かってしまうため、敬遠する方もいます。とくにビジネス利用では、お客様の目を意識して「借りている車だと知られたくない」というケースもあるでしょう。

これに対して、カーリースでは1カ月間などの短期契約でも、自家用車と同じひらがな表記のナンバーです。車を借りていることを周囲に知られたくない人は、カーリースを選ぶことをおすすめします。

■1カ月などの短期カーリースのデメリット

・デメリット1.中途解約できない

カーリースは契約を交わした後、中途解約できないのが原則です。仮に中途解約できても、解約金が発生します。これは1カ月などの短期カーリースでも、年単位のカーリースでも変わりありません。

一例では、短期カーリースのA社の契約要件では、「中途解約可能」としているものの、中途解約時には1カ月分の中途解約金が必要となっています。

・デメリット2.車庫証明を取得しなければならない

カーリース以外の方法(レンタカー、カーシェア、知人や家族から借りるなど)であれば、 借り手が車庫証明を取得する必要はありません。手続きなしで車を乗り出せます。しかし、カーリースは1カ月などの短期でも、車庫証明の取得が必要です。

車庫証明を取得する際は書類を作成したり、管轄の警察署に申請したりといった手続きが必要です。借り手自身で車庫証明を取得するなら手間がかかりますし、行政書士に代行をお願いするなら費用がかかります。

・デメリット3.任意保険に加入しなければならない

カーリースは、契約時に借り手自身の名義で任意保険に加入する必要があります。これに対して、カーリース以外の方法なら、借り手自身が任意保険に入る必要はありません。たとえばレンタカーであれば、車を利用する時点で運営会社が任意保険に加入しています。

1カ月などの短期カーリースと、年単位のカーリースの違い

道路上に掲げられたSHORT TERMとLONG TERMの標識

ここまでの内容を踏まえて「自分にはカーリースが合っているかも」と感じた人は、1カ月などの短期カーリースと、年単位のカーリースの違いも把握しておきましょう。そのうえで、最終的に契約期間を決めるのが賢明です。

■1カ月などの短期カーリースは利用料金が割高

カーリースは同じ車種・年式を選ぶなら、契約期間が長くなるほど月額料金が割安になります。たとえば、契約期間が1カ月と3年を比べると、3年の方が月額料金が大幅に安くなります。

■1カ月などの短期カーリースは中古車が一般的

年単位のカーリースの場合、新車を提供するカーリース会社もありますが、1カ月などの短期カーリースでは利用できるのは中古車というケースがほとんどです。

ただし、年単位のカーリースの全てが新車を提供してくれるわけではありません。3年以上など契約が長いカーリースでは新車を提供してくれるケースが目立ちます。

■1カ月などの短期カーリースは車種が限定される

1カ月などの短期カーリースは、年単位のカーリースと比べて、選べる車種が限定されます。たとえば、3年以上のプランを用意するコスモMyカーリースでは、「国産全メーカー・全車種」からリース車を選べます。

これに対して、1カ月などの短期カーリースの場合、在庫車から選ぶといった条件になりがちです。いつも乗っているメーカーや車種でないと「運転しにくい、不安がある」という人は、短期のカーリースを利用する際、どのような車種が選べるのかを事前に確認しましょう。

■1カ月などの短期カーリースは保証金が必要なことも

年単位のカーリースであれば、初期費用なしで車を利用できるケースが目立ちます。これに対し、1カ月などの短期カーリースは、契約時に保証金を求められるケースもあるので注意しましょう。

保証金の目的は1カ月後にリース車を返却した際、原状回復費にあてるためです。 原状回復とはリース車を契約時の状態に戻すこと。ボディに傷があったり、車が壊れていたりした場合は、保証金を使って補修・修理が行われます。

なお、短期カーリース保証金の相場は、5万円程度。原状回復が発生しなければ保証金はそのまま返されるのが基本です。

こんな人は、1カ月間だけの契約よりも年単位のカーリース向き

海辺に止まった車の窓から男性のGOODの手

前項の内容で、1カ月などの短期カーリースと、年単位のカーリースの違いについてご理解いただけたでしょう。「年単位のカーリース向き」のタイプをまとめると、次のようになります。

■車の利用が長期になる可能性が高い

「長期で車が必要だけど、お試しで1カ月間だけカーリースを利用してみたい」という人もいるでしょう。こういった方々は、はじめから長期契約のカーリースを選ぶのが賢い選択かもしれません。なぜなら、カーリースは同じ車種を選ぶなら、契約期間が長くなるほど月額料金が安くなるからです。

1カ月だけの短期カーリースと、年単位のカーリースの月額料金を比較するとかなりの差になります。コストが割高にならないよう、長期契約を選んでみてはいかがでしょうか。

■新車に乗りたい、豊富な車種から選びたい

長期で車が必要なことに加えて、さらに「新車に乗りたい、豊富な車種から選びたい」という人には、年単位のカーリースがおすすめです。前述のように、1カ月などの短期カーリースだと提供されるのは中古車が一般的であり、さらに車種が限定されるケースがほとんどです。

■初期費用なしでリースしたい

先ほどお話したように、1カ月などの短期カーリースでは、契約時に5万円程度の保証金が必要になることがあります。3年以上など年単位のカーリースなら保証金なしで契約できるケースが多いため、「初期費用なしで車を借りたい人」は年単位契約を選ぶとよいでしょう。

まとめ:コスモMyカーリースなら、年単位のプランが豊富

足元の前に描かれた白の矢印

ここでは、「1カ月の利用期間とカーリース」をテーマに解説してきました。 そのポイントを振り返ってみましょう。

  • 1カ月間だけ車を借りたい場合、カーリースはレンタカーやカーシェアと比べて費用が割安です。
  • カーリースには、知人や家族に借りるなど他の方法と比べて、車を使いたいときにすぐ使えるメリットもあります。
  • カーリースの車のナンバー表記はマイカーと同じなので、借りている車だということが周囲から分かりません。
  • 他の方法と比べたときのカーリースのデメリットとしては、「中途解約できない」「車庫証明を取得しなければならない」などがあります。
  • 1カ月などの短期カーリースと、年単位のカーリースを比べたとき、短期契約だと「料金が割高になる」「中古車になる」「保証金を求められる」などのデメリットがあります。
  • 車が長期で必要になる人は、コストパフォーマンスを考えると、はじめから年単位のカーリースを利用するのが効率的です。

年単位のカーリースをお考えの方は、コスモMyカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。3年、5年、7年などのプランに加えて、契約満了後に車がもらえる9年プランも用意されています。

プランについて詳しく知りたい人は、このサイトの「プラン・ご契約」をクリックしてみましょう。

本間貴志

【プロフィール】
本間 貴志編集ライター。WEBライティング実務士。ビジネス書の編集会社、アスラン編集スタジオを経てフリー。ZUU、YANUSY、MONEY TIMESなど大手WEBメディアで活躍。車をテーマにした記事も数多く執筆。信頼性のあるデータに基づいた記事が得意。

お役立ちコラム一覧へ