個人事業主にはカーリースがおすすめ!その理由は...

カーリースの利用を検討中の個人事業主の方向けに、カーリースのメリット・デメリット、車の購入よりもおすすめしたい理由を紹介。個人事業主が受けるカーリース審査とその対策などについても解説します。

個人事業主がカーリースを使った際のメリット、デメリット

1万円札の上にCOSTの文字と車

個人事業主がカーリースを検討する際は、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解しておくのが賢明です。主なメリット、デメリットを3つずつ紹介します。

■メリット リース料金を全額経費にしやすい

カーリースには、「リース料金を全額経費にしやすい」という個人事業主にとって大きなメリットがあります。車にかかるコストをうまく経費計上することで利益が圧縮され、節税効果が期待できます。

注意したいのは、個人事業主としてカーリース会社と契約する場合、リース料金を全額経費にできるケース、できないケースがあることです。

まずはリース料金を全額経費にできるケースですが、リース車を仕事だけで利用するならリース料金を全額経費にできます。一方、リース車を仕事とプライベートの両方で使うケースを見てみましょう。この場合、それぞれで使った分を区分けし、たとえば「仕事7:プライベート3」のように割合を決める必要があります(家事按分という)。そのうえで、事業で使った分だけを経費計上する流れになります。

■メリット 車に関する手続きが楽になる

個人事業主の方は、多忙で時間がないというケースも多いでしょう。こういった方にとっては、カーリースの「車に関する手続きが楽になる」というメリットも魅力です。カーリースを利用すれば、車に関する税金の支払いや車検手続きなどをしなくて済みます。

なぜなら、カーリースの月額料金には、車の利用料に加えて、以下の諸費用が含まれているからです。

  • 自賠責保険料
  • 自動車税(種別割)、自動車重量税
  • 車検費用

ただし、月額料金にどこまでの諸費用が含まれているかは、カーリース会社やプランによって違います。契約前にその内容をしっかり確認するのがおすすめです。

■メリット 初期費用0円、月々定額で車が使える

個人事業主であれば、限られた資金で開業したり、事業を継続したりといったケースもあるでしょう。こういった方にとっては、初期費用0円で車を使えるカーリースが経営資金の助けになるはずです。

また、カーリースの利用料金は月々定額なので、車検のある月にまとまったお金が必要となるといった大きな変動もありません。これも経営資金の助けになります。

■デメリット 中途解約できない

個人事業主の方であれば、「事業環境が厳しくなった」などの事情で廃業することもあるでしょう。 しかし、カーリースは廃業したからといって中途解約できないのが原則です。とはいっても、これはあくまでも原則ですので「中途解約金を支払う」などの方法で中途解約できるカーリース会社が大半です。

ただし、中途解約金の規約はカーリース会社によって違います。規約の一例は、「残りのリース料の残額を支払う」といった内容です。中途解約について不安な人は、契約前に規約を細かくチェックするのがよいでしょう。

なお、個人事業主が個人名でリース会社と契約し、廃業後もそのままリース車を利用する場合は、中途解約をしなくても大丈夫です。

■デメリット 所有権がない

個人事業主が車を現金一括で購入した場合(あるいは、ローンを完済した場合)、手元資金が足りなくなってきたときに車を売却して、当座の資金を得ることも可能です。しかし、カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社のため売却することができません。

ただ、個人事業主の方がはじめから車の売却代金をあてにしていなければ、カーリースの所有権がないことはデメリットにならないでしょう。

■デメリット 追加費用が必要になることもある

個人事業主にとって、「月々定額で使えること」もカーリース利用のメリットでした。ただし、下記の状況にあてはまると、追加の費用が発生する可能性もあります。

  • 契約していた走行距離の上限を超えた
  • 壊れていたリース車をそのまま返却した
  • リース車の返却時に改造していることが発覚した

走行距離の上限を超えていた場合は、超過料金を支払わなくてはなりません。また、返却時に車が壊れている、あるいは、改造していることが発覚した場合は、原状回復費が発生します。

ただし、契約の範囲内の走行距離を意識したり、注意を払ってリース車を利用したりすれば追加費用が発生することはありません。

個人事業主に「車の購入」ではなく「カーリース」をおすすめする理由

右手を傾けナビゲートする男性

たとえカーリース利用のデメリットを考えても、個人事業主には車の購入よりもカーリースがおすすめです。その理由は下記の2つです。

■車の購入の場合、減価償却しなくてはならない

個人事業主にカーリースをおすすめする1つ目の理由は、経費計上の仕組みがシンプルで経費管理や青色申告書の作成時に扱いやすいからです。車を購入した場合とカーリースを利用した場合では、下記のように経費計上の仕組みが変わってきます。

選択肢 経費計上の仕組み
カーリース 毎月のリース料金を全額経費計上
※按分なし、仕事専用の車の場合
ローンで車を購入 利息のみ経費計上
一括支払いで車を購入 使用可能年数に分けて経費計上
(減価償却)

上記を踏まえると、個人事業主には車の購入よりもカーリースがおすすめです。

まず、車を購入した場合、経費計上できるのは利息だけなので、「リース料金を全額経費計上しやすい」カーリースに比べて明らかに不利です。

また、一括支払いで車を購入した場合、取得価格を複数の年に分けて経費計上しなければなりません。これは、車や建物などの取得価格は、使用可能年数(法定耐用年数と呼ばれる)に分けて経費計上していく「減価償却」と呼ばれる会計上の決まりがあるからです。車の法定耐用年数は国税庁で次のように定められています。

一般用の自動車の耐用年数

車のタイプ 耐用年数
小型車
(総排気量0.66リットル以下
4年
貨物自動車 ダンプ式 4年
その他 5年
報道通信用 5年
その他 6年

引用:国税庁「主な減価償却資産の耐用年数表

一括支払いで車を購入したときとカーリースを比べたとき、どちらが多く経費を計上できるかはケースバイケースですが、カーリースのほうが仕組みがシンプルです。とくにご自身で経費管理や青色申告書を作成している個人事業主は、カーリースのほうが扱いやすいでしょう。

■車の購入の場合、煩雑な手続きが発生する

個人事業主にカーリースをおすすめしたい2つ目の理由は、車に関連する煩雑な手続きをしなくて済むからです。カーリースの月額料金には、自賠責保険料や自動車関連の税金の支払い、車検の手続きなどが含まれます(プランなどによる)。

車を購入すると、これらの手続きを本人がしなければなりません。とくに業務が集中しているときや繁忙期にこれらの手続きが発生すると負担が大きくなります。仕事に集中できる環境をつくるため、個人事業主はカーリースを選択するのが賢明です。

個人事業主のカーリース審査の主な項目や対策は?

笑顔マークのチェックボックスに記入する手

個人事業主がカーリースを利用するとき、 選べるプランはカーリース会社ごとに違います。大きくは「法人・個人事業主向けプラン」「個人向けプラン」を利用するケースがあります。これを前提に、個人事業主がカーリースを利用した場合の審査の項目例や対策を解説します。

■審査の項目例 個人の信用情報

クレジット支払いやローン返済で過去に遅延があった個人事業主は、カーリースの審査が厳しくなる可能性があります。 とくにカーリースの契約直前の遅延は避けましょう。合わせて、所有している資産や収入に対してローンの借入額が多い個人事業主も、審査のハードルが上がる可能性があります。

■審査の項目例 直近の経営状況・収入

「法人・個人事業主向けプラン」の利用時には直近の経営状況、「個人向けプラン」の利用時には直近の収入が審査の対象になる可能性があります。たとえば、個人事業主で収入がほぼない、あるいは赤字といった状況だと審査で不利になりやすいと考えられます。

■審査の項目例 開業してからの年数

「法人・個人事業主向けプラン」を利用する個人事業主は、開業・設立してからの年数がチェックされることもあります。開業・設立からまもないと、審査がより慎重に行われる可能性があります。

■審査の対策 他の支払い漏れをなくす

審査の項目例の「個人の信用情報」でお話したように、クレジット支払いやローン返済の遅延はカーリース審査のハードルを上げてしまいます。クレジットでお買い物をしているなら、少額のものでも支払い忘れを避けましょう。

■審査の対策 手頃の価格の車種を選ぶ

リース車が高額になるほど審査が厳しくなると考えられます。たとえば、「ローンの借入額が多い」「直近の収入が少ない」などの個人事業主の方は、手頃な価格の車種を選んで審査を通りやすくするといった考え方もできます。

逆にいうと、「一定の収入がある」「ローンの借入額がない(少ない)」といった条件の個人事業主は、審査に神経質になる必要はありません。

■審査の対策 連帯保証人を付ける

一般的なカーリースの審査で 、連帯保証人を求められることはありません。ただ、契約者である個人事業主ご本人の収入が少なかったり、ローンの借入額が多かったりする場合は、事情が変わってきます。

その場合、「連帯保証人がいれば審査に通りやすい」とカーリース会社からアドバイスされるケースも考えられます。カーリースの審査が厳しくなると予測される個人事業主の方は、あらかじめ連帯保証人の候補者を考えておいたほうがよいかもしれません。

個人事業主におすすめなカーリース会社のポイント

吹き出し内のエクスクラメーションマーク

一口に、カーリース会社といっても、選べる車種、会社の規模、プラン内容などはさまざまです。ここでは、個人事業主におすすめなカーリース会社のポイントをご紹介します。

■ポイント 商用車を含めた幅広い車種から選べる

個人事業主がカーリースを利用したいとき、車種の希望は多種多様です。たとえば、下記のようなリクエストが挙げられます。

  • 大勢が乗れるハイエースにしたい
  • 大量の荷物を積めるボックスタイプのバンにしたい
  • 商用車ではなくお洒落な乗用車にしたい など

メーカーや車種の選択肢が多いほど、希望通りのリース車を入手しやすくなります。そのため、商用車を含めた幅広いメーカー・車種から選べるカーリース会社と契約するのがよいでしょう。

■ポイント 経営基盤がしっかりしている

個人事業主がカーリース会社を選ぶなら、経営基盤がしっかりしているところが無難です。なぜなら、契約したカーリース会社が倒産してしまえば、「急に車が使えない」という困った状況になりかねないからです。安心感があるのは、たとえば上場している大手企業が運営するカーリース会社などです。

■ ポイント 走行距離を選べる

個人事業主がカーリースを利用する場合、業種によっては移動が多いため、走行距離が長くなるケースもあるでしょう。このとき気になってくるのが「リース車の走行距離の上限」です。

走行距離が長い個人事業主におすすめなのは、いくつかの走行距離を選択できるカーリース会社です。長めの走行距離で契約しておけば、たとえ超過が発生しても最低限の金額に抑えられます。

■ポイント 特殊車両も扱っている

業種によっては、「カーリースで特殊車両を契約したい」という個人事業主もいらっしゃるでしょう。とはいっても、特殊車両を扱っているカーリース会社は一部です。特殊車両を希望するなら、はじめの段階で「特殊車両を扱っているか」を確認しましょう。

個人事業主が使いやすいコスモMyカーリース

右肩上がりのラインを描く指

この記事では、はじめに個人事業主がカーリースを使った際のメリット・デメリットを解説しました。その内容は次の通りです。

メリット

  • リース料金を全額経費にしやすい
  • 車に関する手続きが楽になる
  • 初期費用0円、月々定額で車が使える

デメリット

  • 中途解約できない
  • 所有権がない
  • 追加費用が必要になることもある

次に、車を購入した場合と比較しながら「個人事業主にカーリースがおすすめな理由」について触れました。

車の購入の場合、

  • 減価償却しなくてはならない
  • 煩雑な手続きが発生する

さらに、「自分はカーリース向き」と感じる個人事業主向けにカーリース審査の内容と対策もご紹介しました。そして、最後に「個人事業主におすすめなカーリース会社のポイント」をご紹介しましたが、その内容は次の通りでした。

  • 商用車を含めた幅広い車種から選べる
  • 経営基盤がしっかりしている
  • 走行距離を選べる
  • 特殊車両も扱っている

上記4つのポイントすべてに該当するカーリース会社がコスモMyカーリースです。

  • 国産全メーカー・全車種から車を選べる(商用車も可)
  • コスモ石油が運営する
  • 走行距離が3種類から選べる
  • 特殊車両の契約も可能

忙しい個人事業主の方であれば、なるべくカンタンに申し込みをしたいとお考えでしょう。 コスモMyカーリースならネットで見積り・審査のお申し込みが可能です。公式サイトをチェックしてみましょう。

本間貴志

【プロフィール】
本間 貴志編集ライター。WEBライティング実務士。ビジネス書の編集会社、アスラン編集スタジオを経てフリー。ZUU、YANUSY、MONEY TIMESなど大手WEBメディアで活躍。車をテーマにした記事も数多く執筆。信頼性のあるデータに基づいた記事が得意。

お役立ちコラム一覧へ