ココロも満タンひろば車の事故

リース車事故を起こした場合はどうなるの?リース車で事故を起こした場合はどうなるの?

頭金がなくても新車に乗れる、ということで注目が高まっているカーリース。でも、車を運転するとなると、交通事故が心配ですよね。カーリースを安心して利用するためにも、事故を起こしてしまった場合のことはぜひ知っておきたいものです。
基本的かつ具体的な交通事故時の対処方法と修理費用や、事故後のカーリース契約はどうなるのかについて詳しくお伝えいたします。

リース車で事故に遭ってしまった場合の対処法

カーリースは、車を購入した時と同じように車に乗ることができますが、「借りている」形となります。
つまり、カーリースは住宅でいうと「賃貸」と同じようなもので、所有権ではなく一定期間における使用権を得る形になります。所有者はリース会社です。
この違いが、事故のときの対処法の違いになることがあります。
慌てずに対処するために理解しておきたいのは、事故から事態収束までの流れと、そのときに連絡を取るべきところの2点です。

■事故発生から事態収束までの大まかな流れ

事故に遭ってしまったら、まず自動車を路肩などの安全な場所に移動し、ハザードランプをつけて停車しましょう。みだりに車外に出てしまうと後続車との新たな事故原因になることもあるので十分に注意してください。
そして警察と消防(救急)を呼びます。負傷者がいる場合には、救護の手段をとりましょう。安全が確保できたら、次に保険会社、そしてリース会社に電話します。事故対応は慌ててしまいがちですが、保険会社が今後どう対応すれば良いか教えてくれます。指示をよく聞いて行動しましょう。
リース車に関する実施事項はリース会社の指示に従いましょう。

■事故に遭った場合に連絡すべきところ

まず警察、消防(救急)、そして保険会社、さらにリース会社へも連絡が必要です。
通常の事故と異なるのは、リース会社へも連絡しなければならないことです。前述のように、リース車は借りている車で、所有者はリース会社となるからです。カーリースの契約においても『事故に遭った場合は速やかに連絡する』などのが記載されているのが通常で、この報告義務を怠ると契約違反となるのでご注意ください。

また、もうひとつ大切なことがあります。
車体に何らかの傷を発見したとき、それが自己責任の事故でついたものでなくても報告したほうがよいでしょう。身に覚えのない傷はきちんと報告したほうが無難です。

事故に遭ったリース車の修理負担額や契約はどうなる?

■破損した車の修理は利用者が行う

カーリースでは、普通自動車でも軽自動車でも自由に乗りたい車を選択できます。そして、契約に基づいて毎月リース料金を支払うことで、自分の車のように乗ることができます。
一方で、事故を起こした場合の修理費用は、リース料金には含まれていません。事故の際の修理費用は利用者が別途支払わなければなりません。

■一部破損の場合

車の一部破損の場合は、リース契約そのものには影響がありません。上記にあるようにお客様にて修理費用をご負担いただくことになります。

■全損の場合

車が走行できない全損した状態になってしまった場合ですが、具体的な内容については契約書に記載されているはずですので、契約前または契約後にしっかり読んでおくようにしましょう。
状況によっては、中途解約金が発生するケースもあります。

全損事故はめったに起きることはありませんが、車に乗る以上はそういった事態も想定しておいたほうが良いです。いざというときに「何をどこへ伝えるのか」「何をしなければならないのか」を確認しておきましょう。
わからないことがあれば、契約前でもカスタマーセンターなどに質問することができます。

「もしも!」のときのことも、契約する前に確認しておきましょう。
新車に乗るならゴールドパックがおすすめです。

カーリースで契約したマイカーでもし事故にあったら?ということで、万一のときに役立つ情報をお伝えしてきました。
最近は安全性能に優れた車もどんどん出てきていますが、一番大切なことは、交通ルールを守り、安全運転を心がけることなのかもしれません。
コスモのMyカーリースでは、お客様からよく寄せられるご質問について「よくあるご質問」で回答しております。

頭金なし、月々定額、ボーナス時の増額お支払いなし。コスモのMyカーリースは、今注目されている 『新しい車の持ち方』です。
お客様のライフスタイルにあわせた車選びの上で、ちょっときいてみたいということがあれば、お気軽にカーライフコンシェルジュまでご相談ください。
あなたにピッタリの1台が見つかるまで、専属のカーライフコンシェルジュがご案内させていただきます。

コスモのMyカーリースでは、メンテナンスは3段階にわかれております。
ご自分や以前からの関係先で車検や整備をされるのでメンテナンスは不要という方はホワイトパック、ライトなメンテナンスはついていたほうが安心 という方はシルバーパック、全部まるっとおまかせしたいという方はゴールドパックになります。
ゴールドパックならロードサービスがついてきますので「もしも!」の時にも安心ですね。
詳しくはこちらの「選べる!3つのメンテナンスパック」でご説明しておりますので、ぜひご覧ください。

■この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 「自賠責保険」と「任意保険」の違いって?
  • 雨の日は事故多発!安全運転のために必要なこととは。
  • カーリースには走行距離の制限あり。目安って?