クルマを探す クルマ選びコラム

子育てママでも【無理なく車が持てる方法】って?
家計のプロと考えてみた(小さなお子さまを持つママ編)

自転車に大きな荷物と子どもを乗せて買い物に行くのが大変!子どもが急に熱を出しちゃった!などなど。子育てをしていると、「こんな時に車があったら」と思うことが多いですよね。

でも、今の家計で車を持つことなんて贅沢…。そう言い聞かせて我慢していませんか?

そんな悩みを解決する無理のない車の持ち方について、テレビでも活躍されているファイナンシャルプランナー・國松典子氏にお話を伺ってみました!

  • 【プロフィール】 ファイナンシャルプランナー 國松 典子 (くにまつ のりこ) 6,000件を越える相談実績を持ち、20年以上にわたり活躍を続けるファイナンシャルプランナー。
    娘と息子を持つ働くママの視点から、女性の立場に立ったライフプランニングが得意。「必要なものを我慢しないで、納得感と満足感が得られる家計の見直し」をモットーとしている。
    近年ではテレビ・ラジオ番組にも精力的に活躍の場を広げ、家計を助けるヒントを分かりやすく届けるトークで人気を集めている。忙しい日々の合間に見る海外TVドラマが癒しの時間。

車を持つ=購入、だけじゃない!
無理のない持ち方に「スイッチ」しよう

  • 子育てをしていると、家計にゆとりがあるご家庭のほうが少ないと思います。そんな生活の中で車を持つのはなかなか大変…。
    もっともハードルになるのが、「まとまったお金が必要になる瞬間」です。
    車が欲しいと思った場合、まずは現金やローンでの購入を検討しますよね。

    自分の車を持ち、好きなように使い倒せることは大きな魅力ですが、大きな金額となる車両代金をまとめて用意するのは簡単ではありません。
    そのため、ローンでの購入を検討される方もいらっしゃると思います。ただ、その場合も車両代金の月額払いのほかに、自動車税や車検代といった安くない出費が、思わぬタイミングで必要になります。

私の所へ家計相談に来られるご家庭では、当初の車両代金の月額払いしか頭になく、そうした急な出費が重荷になってしまった、というケースが少なくありません。中には、愛車を手放すことを検討しているご家庭も…。
逆に言うと、急な出費を乗り越えられれば、車のある暮らしが手に入ると、言えるのでは無いでしょうか?

もちろん今日私がご提案したいのは「急な出費のために毎月お金を残そう、積み立てよう」という根性論ではありません。
「家賃のように、車への支出を固定費化しよう」という解決策です。

例えばスーパーに行って、お財布に1,000円しかなかったら、1,000円以内でお買い物を済ませようと思いますよね?
口座から毎月定額で引き落としがあって、使えるお金が決まっていれば、人はそれを前提にやりくりするものです。

この考え方で車を持つことを実現するには、購入する・購入しないに捉われないことが大事。
その中間にある「車のある生活」にスイッチすればいいのです。

これなら車が持てる!購入しないでカーライフを手にする方法

手軽に始められるカーライフレンタカー
月1~2回乗るならオススメ
  • 【レンタカーのメリット】
    • ・必要になった時だけ借りられて、乗った時間分だけの支払い
    • ・目的や人数に合わせて車を選択できる
  • 【レンタカーのデメリット】
    • ・利用の都度、店舗での手続きが必要
    • ・店舗に赴いて借りるので、ちょい乗りには不向き
  • 【料金体系】

    6時間ごとの大まかな時間の区切りで料金が設定されており、選択した利用時間を超えて利用する場合に、延長料金が加算されるというパターンが多いですね。
    月に1~2回、決まった時間に、家族での遠出などにしか乗らないのであれば、レンタカーが便利で安上がり
    と言えるでしょう。ハイシーズンは利用料が高くなることもありますので、ご注意くださいね。

みんなで乗るから安く借りられる カーシェアリング
ちょい乗りならオススメ
  • 【カーシェアリングのメリット】
    • ・ステーション(専用駐車場)の車を使うので、自分で駐車場を持たなくていい
    • ・一度契約すれば、パソコンやスマホから簡単に車の予約ができる
    • ・利用料金が時間や距離で細かく設定されているので、
      ちょい乗りであれば安価で乗れる
  • 【カーシェアリングのデメリット】
    • ・自分の乗りたい車でも、先に予約が入っていると乗れない
    • ・ステーションの車がすべて予約されている場合は、車に乗れない
    • ・長時間利用すると、うっかり延長料金が発生している場合も
  • 【料金体系】

    月額基本料金(固定費)に、利用時間や距離によって加算がされるという料金体系がオーソドックス。ある程度、定期的に利用する場合でも、車検費用や駐車場代を用意する必要がありません。また 月額基本料金のなかに保険料が含まれており、維持費において、長時間や長距離の利用がなければ、急な出費が発生することはありません。

もし都度の急な出費を抑えつつ、「毎回同じ車に乗りたい」
「乗りたい時に車がすべて出払っていると困る」「仕事で使うから毎回予約をするのは面倒」という場合は、
次の持ち方がオススメです。

予算に応じて自分の車が持てるマイカーリース
自由に乗りたいならオススメ!
  • 【マイカーリースのメリット】
    • ・月々定額で、 購入した場合と同じように自分の車として新車に乗れる
    • 国内全メーカー・全車種から自分の好きな車を選べ、色やグレードは
      もちろん 希望ナンバーまで指定でき、車両内容に制限がない
    • ・契約期間(概ね3~5年)が終わると、車の買取や返却、契約延長など
      幅広い選択肢から選べる
  • 【マイカーリースのデメリット】
    • ・マイカーとして使う代わりに駐車場が必要
    • ・契約期間中の中途解約が原則できない
  • 【料金体系】

    毎月定額のリース料(固定費)を支払うだけで新車に乗れます。契約内容にもよりますがリース料には車両代金・自動車税のほか、車検代などの維持費を含むことができ、契約期間中ずっと、急な出費を回避することができます。

  • 購入した場合と同じように自分の車として乗れるので、子育て世帯にうれしいメリットもたくさん!

    • ・子どもの急な病気やけがの際にすぐに車を出せる
    • ・突然の雨降りでも子どもを確実に迎えに行ける
    • ・職場への移動にも使える

今は子育て中でも、ゆくゆくは再就職を考えているというママも多いでしょう。再就職先を探す時、自由に乗れる車があると、自宅から少し遠くても自分に合った職場を見つけやすくなりますよね。ご主人のお給料が上がりづらいご時世、ママが働けるということは大いに家計の助けになるはずです。

小さなお子さまを持つママにオススメの車種はコチラ!

子育て中のママには「ワゴンタイプの軽自動車」が人気ですが、その気持ち、私もよくわかります。

まず、スーパーとかの狭い駐車場。
普通のスイングドアだと、子どもがバーンって開けちゃうから怖いんです。その点、ワゴンタイプにはスライドドアが多いので安心!
中でもイチ押しなのは開口部の広い“ダイハツ タント”かな。チャイルドシートへの乗せ降ろしがすごく楽だと思います。

あと、“ホンダ N-BOX”は言わずと知れた人気車種。子どもを立ったまま着替えさせられる室内の広さに加え、女性が選ぶうえで、あったら嬉しいオシャレ感も兼ね備えているんですよね。みんなと一緒じゃないと不安なんだけど、どこかみんなよりオシャレに見られたい…っていうわがままな理想。N-BOXならカラーも豊富で個性が出せるので、そんなママにぴったりだと思います。

マイカーリースならコスモスマートビークルの
ゴールドパックはいかが?
頭金なし・車検・税金・メンテナンス込みの
月々定額払いで新車が持てます

私がオススメしたいのは、コスモ石油がやっているマイカーリース「コスモスマートビークル」。これなら、頭金なしの月々定額払いで家計への負担を抑えつつ、少ないコストで新車のマイカーを持てます。

特に注目したいのが、“メンテナンス代や消耗品交換までコミコミ”のゴールドパックという契約プランですね。

  • 一般的なマイカーリースですと、車検や定期点検の際に、検査やオイル交換までは無償で受けることができるものの、タイヤやバッテリーなどの消耗部品の交換はプランに組み込まれていません。別途、部品の代金を支払って交換をする必要があります。
    実はこれが意外と厄介者で、タイヤやバッテリーの交換ともなると、数万円の出費がかかることもざら。この突然の出費が意外と家計を圧迫してしまうんです。
    このなんとかしたい厄介者を排除してくれるのが、コスモスマートビークルのゴールドパック。定期的な点検・車検を受けることができ、その際、タイヤやバッテリーなどの消耗部品が磨耗していたら、無償で交換してくれるのです。

家計においては、イレギュラーな出費が少ないほど将来の見通しがクリアになりますので、お財布を握るママとしては、とても安心できると思います。また、いつでも車を万全な状態に維持できるので、安全面においても安心することができますよね。

最後になりますが、コスモ石油にはカーライフコンシェルジュという車の選び方やリースプランに精通した専任スタッフがいます。
ご家庭に合った契約内容について一緒になって考えてくれるので、もし一人で決めきれないという方は相談してみるといいですよ。